真菌が原因のセックス以外でも発症する性病とは

性病の多くは、セックスをしたことをきっかけに感染する病気であることがほとんどです。

しかし、性病の中でもカンジダ症はその他の性感染症とは異なった経路で発症することがある病気の一つです。

カンジダ症は、真菌であるカンジダ菌が原因菌で発症する病気であり、セックスが未経験の高校生などでも発症することがあります。

真菌は、身体のどこの部分にも存在していて特に女性の場合は膣内にも多く存在しています。

普段は悪さをすることなく大人しくしているのですが、身体が疲れたり免疫力が低下したり、風邪で抗生剤などを服用することで善玉菌が死滅してしまうとたちまち勢力を増大して悪さをするようになります。

性器が露出している男性に比べて常に性器が内側にある女性の方が発症しやすく、おりものが多くなったりおりものの形状がカッテージチーズのようになったり性交痛が出ることもあります。

治療は、泌尿器科や女性であれば婦人科に受診して真菌を殺す膣錠を膣内に挿入したり軟膏などで治療していきますが、普段よりも免疫力が低下している妊婦などもなりやすく、出産までに治しておかないと産道を通しておなかの赤ちゃんにも感染することがありますので注意が必要です。

ただ、セックスをする以外でも発症する病気ではありますが、もちろんセックスをすることでも感染したりさせたりすることもあります。

特に男性は自覚症状がほとんどでないので知らないうちにどこかで感染してパートナーに移してしまうこともありますので、何かおかしいと感じた時は早めに治療を行うのが望ましいといえます。

稀に、自然治癒で治ることもありますが、再発しやすい病気でもあるので発症しているとわかったらきちんと治療を行う方が良いでしょう。