性病と自宅と寝汗について

性病の一つとして、よく女性がかかりやすいとされている性病にカンジダがあります。

カンジダについては、市販薬などが売られていますが、とても高いこともあり、また、購入することが恥ずかしいという理由から、なかなか敷居が高い薬ではありますが、性病とされていても、これらは、性交渉などを行わずとも、カンジダにはなってしまうものであり、小さいお子さんでもカンジダにはなってしまうことがあります。

カンジダは、ムシムシとした湿気などが大好きで、同時に、甘い物が大好きな性病の1つです。

そのため、太りやすい人、太っている人、甘いものが大好きな人、標準体重を大きく超えている人、このような人はカンジダになりやすいとされており、同時に、寝ている時の寝汗などのムシムシとした環境が、カンジダにとっては好物の湿気であるため、自宅にいるだけの人でも、上記のような理由から、カンジダになってしまうのです。

カンジダを治す方法としては、抗真菌薬を購入して、膣内などに挿入し、治すことなどがありますが、一度、産婦人科などでカンジダの検査を受けなければ、薬局ではこの抗真菌薬を購入することが出来ません。

そのため、一度も抗真菌薬を病院やクリニックでもらったことが無い人は、薬局で購入することが出来ないため、抵抗があっても、産婦人科などで、検査などをしてもらい、その後に、抗真菌薬を処方してもらう形になります。

その後、再度、カンジダが再発してしまった場合には、もう一度クリニックに行くか、または、一度カンジダと処方された書類などが、病院から出されているので、それを持って薬局に行けば、値段は高いですが、カンジダの薬を購入することができるため、便利です。