性病と残業と昔について

性病は、例えばカンジダという性病がありますが、このカンジダという性病は、湿気などが大好きであり、じめじめした環境が大好きな性病の1つです。

そのため、残業などを行っている場合、どうしても座りっぱなしでパソコンなどを打つなどの仕事をしている人の場合、なかなか家に帰ってもお風呂に入る時間などもなく、また慌てて、翌朝出勤などをしなければならない…このような生活を送っていると、下着などがじめじめとしていたり、衛生的にとても良くないため、カンジダになりやすい、このように言えます。

また、上記のように残業で座りっぱなしの状態、このような状態では、足などをあまり動かさない環境にあり、動かないことから、湿気などがたまりやすく、そのためにカンジダにとっては、とても嬉しい環境になっています。

また、特に女性などの場合には、ストッキングやタイツなどの蒸れるものを、着用しながら仕事をしていることもあり、これらをつけたまま、残業などを行っていると、どうしても上記のように、かなりストッキングやタイツの中が蒸れる状態になり、カンジダの喜ぶ環境になり、カンジダが発生しやすくなります。

そのため、とてもかゆい状態などが、ある日突然訪れるケースなどもあり、とても辛い思いなどをすることがあります。

このように、日常生活の思わぬところで、性病が発生してしまうケースなどもあるのです。

昔から、このような性病は、人々を苦しませてきました。

日本では、現在の風俗店、キャバクラ譲などの勤務するキャバクラ店など、あのような風俗店舗で、性病が大流行し、梅毒などで亡くなった方が、とても多くおられます。

亡くなった方は、風俗に勤めていた人だけでなく、お客もそうであったと言われています。