性病と摘出と熱について

カンジダという性病があり、よく女性がかかりやすい性病の1つとして有名です。

また、カンジダは、性交渉のあるなしに関係なく、風邪などで体が弱っている時に、カンジダになってしまうことが多いものであり、また同時に、酷く疲れているとき、ストレスなどがとても溜まっている時、これらのような体の症状がだるい時に、カンジダになりやすいとされています。

また、人によっては、生理の始まる2週間前から1週間ほど前から、カンジダの症状が出始め、陰部がかゆい、このように辛い思いをする人も、多くおられます。

もちろん、これは個人差があるので、全員がそのようにカンジダになるわけではありませんが、生理前には、特に体の面でも疲れが生じてしまい、また月経困難症などの人の場合には、イライラやうつ病のような症状、酷いだるさや疲れが出てしまうことから、このようにカンジダになりやすい、とされています。

カンジダになった時には、陰部に熱が出たように、熱く感じるケースもあり、熱っぽさがあるケースが多くあります。

また、チーズのような嫌な臭いが下着などに付着していたり、おりものが黄色い、ぽろぽろとしたおりものが出ることで、カンジダの症状であると分かります。

このような場合には、カンジダの菌を殺菌して、摘出する必要がありため、産婦人科や婦人科で、膣内の検査を行い、カンジダ菌を殺すために、殺菌消毒を行い、カンジダを摘出するような処方がされます。

また同時に、カンジダを死滅させるためにも、上記のような洗浄を行い、抗真菌薬を用いて、膣内に挿入することで、カンジダをやっつける方法を、病院では行っています。

このような処方、検査、治療などを経過して、漸くカンジダは治っていきます。