性病を疑おう

性病にはとても沢山の種類がありますが、認知度はそれほど高くないのが現状です。
症状がよく分からずに放置してしまい、悪化してしまったというケースは非常に多くあります。
そういったことを未然に防ぐためにも、性病はどんな病気があってどうすれば予防出来るのかを知っておく必要があります。
少し体の様子がいつもと違う場合でも、なかなか性病の検査を受けるには勇気が必要になります。
大人の人でも検査することに抵抗があるので、若い人ならなおさら行きにくいです。
ですが性病は早期発見と早期治療が本当に大切になる病気のため、出来る限り早めに病院へ行く方が自分のタメになります。
種類によっては自覚症状がないものもあるので、定期的に日頃から検査を受ける習慣をつけておくと、放置してしまうということもなくなります。
女性の場合、普段のおりものが少し増えた気がするといったときでも、性病のなかにはそういった症状をもつ病気もあるため、気を付けておかなければなりません。
現在の日本でとくに感染者が多いと言われているクラミジアは、男性の場合でも自覚症状がない人が沢山居ます。
そして特徴としては、感染力が他の性病と比べて非常に高いところです。
治療方法としては、処方された飲み薬を2週間程度飲んでいればしっかりと治るので、治療せずに放置しておくことはとてももったいないことです。
簡単な治療で治すことが可能にも関わらず放置していると、淋病などの病気にも同時に感染してしまうことがあります。
このようなことになってしまう前に、少し体に異変を感じれば、性病だと疑って病院に行くことが大切になります。
大切なパートナーにまでうつしてしまい、最終的に取り返しのつかないことになってしまうこともあるので、検査はとても重要ということです。

性病をうつされたらするべきこと

性病になったかもしれないと思ってもなかなか病院には行き辛いものです。
しかし、性病はほっておくと悪化していくだけです。基本的には病院で検査することになると思います。
あまり知られていないのが、保健所でも検査が行えるということです。
保健所でしたら病院より気軽に性病の検査ができますので、まずは保健所に行くことを考えてみるのもいいかもしれません。
また、市販の検査キットもありますので、簡単に検査を行う場合は、自分で血液や粘膜の一部を摂取して、検査キットで検査を行うことが可能です。
病院や保健所に行く場合には、血液検査・尿検査・おりもの検査を行うのが一般的です。
気になるのが費用だと思います。費用については保健所と病院で異なりますが、高くても2万円以内で収まります。
検査結果は1週間もあれば出るものです。保険については、残念ながら検査だけの場合には保険は適用されません。
実際に症状が出ていて、治療の必要な場合には、保険の適用が可能になります。
性病は男性より女性のほうが気が付きにくいものです。女性器からの出血や、のどの違和感は感染の可能性が高いです。
彼氏とのセックスのあとに、膣や口内に違和感や出血の見られる場合には、感染した可能性があります。
他にも、気付きにくいですが、おりものの量や匂いに変化があった場合にも気をつけたほうがいいです。
体調の変化を放置しておくのは非常に危険です。恥ずかしがらずに保健所で検査をしてもらいましょう。
検査を受けたいけど病院に行く時間が無いという人には、郵送だけで結果がわかる検査キットも販売されています。
自宅で、自分で血液の採取を行い、郵送すれば1週間ぐらいで検査結果が返送されます。
本当は保健所や病院がいいですが、郵送も合わせて検討してください。

性病の時してはいけないこと

性病の時にはしてはいけないことがあり、それをしっかりと守る必要があります。
まず、性病に感染をしたあるいは疑いがあるときには絶対に性行為をしてはいけません。
感染している状態で性行為をすれば、相手に移してしまうことになりますから、これは絶対にしてはいけないことのひとつとなります。
また、うつすばかりか相手が別の性病に感染をしている場合、その病気を移されてしまうリスクが高まるので性病に感染している時の性行為は厳禁となっています。
次に感染していることに気づいて、放置をしておくのもやめましょう。
性病というのは風邪と違って自然に治るものではなく、そのままにしておけば悪化するだけなので、必ず病院で診察を受けて適切な治療をするようにしましょう。
治療をしないで症状が和らいだ時に治ったと思って、性行為をすれば他の人に病気を撒き散らすことにもつながりますから、感染をしている時に放置をしてはいけません。
最後に治療はしっかりと最後まで行うことが重要なので、自己判断で治療をやめてしまうこともしてはいけません。
性病は完全に原因となる菌などがいなくなったことを確認する必要があり、症状が良くなったからといって治療をやめてしまうと生き残っていた菌が再度活動をして再発をしてしまうことがあります。
そして、再発をした場合その前の治療にしようをした薬に対して耐性を持ってしまうことがあるので、中途半端に治療をするのは行けません。
性病というのは感染経路から正しい知識を身に付けづらいものとなっているので、ついしてはいけないタブーをおかしてしまいがちなので、
しっかりと性病に対する知識を身に着けて被害を拡大させるようなことがないように注意をしましょう。

■性病の疑いがあれば検査を勧めます
エイズ 検査
トリコモナス治療薬は通販で購入出来る時代です
■性病ではないですが、性器に異常が出る病気もあります
カンジダ 薬